2013年01月11日

楽チンな5歳

5歳の誕生日から一夜が明けた。無事に5歳になって良かったと思うのは親だけではない。もあちゃん自身も本当に良かったと思っていることがある。それが年齢を聞かれた時の説明だ。

「はぁ〜、5さいはらくでいいなぁ〜。だって、てをひらくだけだもん。」 5歳を迎えた朝、うれしそうなため息交じりにそう発言した。「いくつ?」と聞かれた時に、4歳では親指を折らなくてはいけなかった。3歳では親指と小指で丸を作らなくてはいけなかった。そんな面倒くささを考えると、5歳の説明は確かに楽ちんに違いない。

では、6歳以上はどうなるか? 両手を使うしかなく、また面倒な年齢に突入する。でも、6歳以上はちゃんと言葉で説明できる年齢になるから、両手を使う必要はないんじゃないの?

posted by papa50 at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あっ、そうなんだ!』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。