2015年01月17日

キネティックサンド

奇妙なピンク色の砂で遊んでいるもあちゃん。何かと思ったら、スウェーデン生まれの「キネティックサンド」と呼ばれる変わった質感の砂だった。

商品説明によれば、「キネティックサンド」は98%が純粋な砂で出来ていて、ピンクやブルー、グリーンなどのバリエーションがあり、周囲を汚しにくく手軽に砂遊びができるという。粘土のように何かを作ったり、型取りもできる。こうしてできたのが、フレブルプーちゃんの顔と全盛期の豊満なオッパ8個だ。

pou-oppa.jpg

砂遊びは、子どもの表現力や想像力を刺激するだけでなく、大人でもその触った不思議な感触に癒されそうだ。でも、プーちゃんのオッパとはいったいどんな想像力か…。


posted by papa50 at 20:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大爆笑!
前から思っていましたが、もあちゃんのアート感覚は凄いですよ。

夏期講習だけでしたが、20年程 デザイン学校で色彩やデッサン教えてましたから、先が楽しみです。
Posted by ななママ at 2015年01月19日 01:27
ありがとうございます。夜中に大爆笑してもらい光栄です。でも、娘のゲージツ的センスはいまだに良く分かりません。

バービー人形としばらくお話したり、キネティックサンドでオペラ座の怪人の面を作ったり、鼻歌を歌いながら宿題をしたり、枕と平行に寝たり、ママにチューしたり、バドミントンやことわざに凝ったり…。

この先どうなるかはまったく不明ですが、デザインの先生が楽しみと言ってくれるのが救われます。
Posted by papa50 at 2015年01月19日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412538029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。