2015年02月21日

マッサージチェア

ここ数年肩凝りが治らない。首筋や腰も痛い。仕事の仕方がPCを使うようになってきたことも原因のひとつだろう。

あまりにも痛いと、これまでマッサージ店に行って1時間以内のコースでマッサージをしてもらうことがあった。しかし時間の制約等の理由でそれもできず、たまたま行った家電量販店のマッサージチェアに座ってみることにした。

自分のように疲れたオジサンばかりと思えば、若い男女や外国人も目立つ。時間は15分間のトライアルコース。座ったのはパナソニックマッサージチェアPanasonic EP-MA35Mで、全身を揉んでくれるコンパクトサイズの商品だ。



驚いたのは、実家にあるマッサージチェアとは機能や揉み方が雲泥の差、はるかに進化しているということだ。まず、血行を促進させてる温感マッサージを上半身のもみ玉や足裏に採用して温かく気持ち良い。そして腕、足、足首、骨盤までエアマッサージでホールドしこれまた気持ち良い。さらに上位機種では、手のひらやおしりなどのほぐし機能なども加わる。

マッサージチェア売場で、気持ち良さそうに目をつむる人の気持ちが初めて分かった。それは、マッサージチェアが進化し、“人の手”に近づいて気持ち良いからに他ならない。

posted by papa50 at 21:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママとパパの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414468238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。