2015年02月27日

ソニー4Kハンディカム

音楽会や発表会のビデオを大型テレビで再生したところ、かなり画像が粗いことに気がついた。

現在のビデオカメラは購入してから1年前後と古いものではないが、何か打開策がないか日頃思っていたところ、この2月ソニーから空間光学手ブレ補正機能を搭載したデジタル4Kビデオカメラ ハンディカム『FDR-AXP35』『FDR-AX30』の2機種が発売された。

FDR-AXP35』はプロジェクター機能付きのものだが、使い方によっては『FDR-AX30』でも十分。問題は、現在のハンディカム(HDR-PJ630)を下取りに出したとしてもあと数万円も不足で、今の家計状況を考えると残念ながら購入は難しい。

これからの動画の記録は、当面4Kビデオカメラが主流となるのは間違いなさそうだ。

posted by papa50 at 22:26| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ママとパパの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奇しくも、本日○○○カメラ赤坂見附にてビデオ購入しました。Sonyは、予算足りず、一番軽量でお手頃価格のJVC Baby Movie ゲットしました。
Posted by はち at 2015年02月28日 19:23
はちさん、奇遇ですね。JVC Baby Movieはこれはこれで買い!だと思います。
何より小型で軽いからどこでも持ち歩けます。F1.6の明るいレンズで高感度撮影可能、22倍高倍率、ハイビジョン、手ぶれ補正機能、さらには抗菌仕様…。
賢い買い物です。
Posted by papa50 at 2015年03月01日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414717910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。