2015年04月29日

実写『シンデレラ』

『シンデレラ』といえば、ディズニープリンセスの中でも定番中の定番。これまでアニメで何度か観てきたが、4月25日にいよいよ実写版が公開され、吹替版を観てきた。短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』との豪華2本立てだ。

脚本は『プラダを着た悪魔』のアライン・ブロッシュ・マッケンナ、監督はケネス・ブラナー。シンデレラには25歳のリリー・ジェームズ、王子にはリチャード・マッデンという配役だ。

シンデレラの上品で豪華なブルーのドレスやガラスの靴が印象的だった。CGも駆使している。そして「勇気と優しさ」の大切さを改めて教えてくれる良い映画だった。

posted by papa50 at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子で楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。