2015年05月19日

短距離走練習

小学生はちょっとした練習でかけっこが早くなるそうだ。運動会を控え、スタートや手の振り方などを練習した。

スタートは、うまく反応すること、第一歩を力強く踏み出すこと、すぐに上体を起こさず前傾姿勢を取ること。手の振り方は、余分な力を入れず、手は軽くグーを作るか、開いて振ること。ゴールの先にゴールするつもりで走り切ること。

Exercise-to-run.jpg

そんなふうに走ることができたら、間違いなく1位なんだろうけど、まだその域までは到達しているはずもなく、黙々と練習を続けた。

posted by papa50 at 23:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。