2015年06月09日

出生率低下

厚生労働省が6/5(金)に発表した人口動態統計によれば、2014年の出生率が1.42となり、前年より0.01ポイント下回ったという。

9年ぶりに前年を下回り、回復基調にあった出生率にブレーキがかかった形だが、晩婚・晩産化の背景に加え、団塊ジュニアの世代が40代に入り、出生数が減ったことが要因だと分析している。

この1.42という数字では人口の維持はできず、このままでは人口が減少していくという。人口を維持できる水準は2.07と言われ、0.65もの差がありこれは容易なことではない。

posted by papa50 at 20:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。