2013年04月02日

風疹対策

感染症発生動向調査 2013年3月27日現在(NIID).jpg風疹が流行している。今年わずか3ヵ月足らずですでに2,418人となり、去年上回ってしまったという。グラフは、国立感染症研究所(NIID)が行った「感染症発生動向調査」(2013年3月27日現在)で、これをみると異常値と思えるほどだ。

風疹はいわゆる「3日ばしか」。ウイルスが飛沫感染して、約3日間の発熱、発疹、リンパ節の腫れなどが起こる。風疹が怖いのは、妊娠初期の女性がかかると胎児に難聴や心疾患、発達の遅れなどの障がい(先天性風疹症候群)となる恐れがあることだ。

しかし、残念ながら妊婦は予防接種を受けられない。妊娠期間中は外出は極力控えるか、外出した場合には手洗いを心掛けるしかない。周囲の人も協力して、未接種者は風疹ワクチンを接種をする必要がある。

予防接種を受けていないか分からない人は9割にのぼり、男性患者数は女性患者数の3〜4倍だという。特に妊娠中の奥さんがいるパパは、予防接種の確認が必須の状況だ。

posted by papa50 at 22:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

母子手帳の改訂

自治体から支給される「母子手帳」(母子健康手帳)が来年度から改定される。厚労省による大幅な見直しは10年ぶりだという。見直しの主な方向は次の通りだ。

@父親の記入欄の設置
Aリスクへの注意の記載(高齢妊娠、喫煙等)
B予防接種記録欄の集約
 など

@の父親の記入欄は父親の育児参加が増え、何かしら記入できる欄があると良いというものだが、papa50の場合メモ帳で足りた。Aは晩婚化によって高齢出産自体のリスクは大きくなるが、妊娠後注意喚起されても状況は変わるものではない。喫煙は注意喚起が必要だ。またBの予防接種記録の集約は、接種時の証明書などを貼っていて現在の母子手帳でも十分カバーできている。

そもそも、母親と子どもの健康状態を管理し注意を促す「母子手帳」制度そのものが優れている。したがって内容の追加がされても、さほどインパクトのあるものではない。

posted by papa50 at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

マタニティフォト

表参道ヒルズB2の「kids no mori(キッズの森)」に行った際、「マタニティフォト」のチラシを見つけた。

「マタニティフォト」(マタニティヌード)とは、言うまでもなく、お腹が大きくなった妊婦さんの写真。子どもを宿す姿をキレイな映像で残しておきたいという女性が増えているようだ。これは、おそらく海外のセレブや日本のhitomiさんが臨月のヌード写真集を出して話題となったことなどが影響しているのだろう。

気になって「マタニティフォト」をネットで検索してみると、いくつか共通点に気がついた。それは次の通りだ。
 ・スタッフやカメラマンには女性が多い
 ・値段は1万円〜5万円
 ・カット数は20〜100カット
 ・データ受取りやお気に入りは
 ・スタジオ撮影が基本だが自宅や病院等へ出張撮影も
 ・撮影は洋服着用から一糸まとわぬパターンまで様々
 ・カラー写真に加え、白黒写真での表現も多い
 ・ママだけでなくパパ、第一子、ペットなど家族の参加も
 ・時にはメイクやスタイルアップ指導も

撮影のキッカケは、命を宿しているお腹を残しておきたい、初産の記念に美しく撮っておきたい、母になる喜びを記録したいなど、いずれも強い動機があるようだ。

確かに命を宿した姿は感動的で、臨月になると不安と期待も入り混じり、もうグシャグシャの状態だった。あっ、これはpapa50の話ですけど、身ごもったった本人ならなおさらだ。

※チラシにあったスタジオは…
マタニティヌード・マタニティフォトスタジオ
Happy Birth Photo
http://www.maternity-photo.jp/

posted by papa50 at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

マタニティマーク

サラリーマンのパパは地下鉄の始発駅で整列乗車し、優先席ではない普通の席に座って本を読みながら通勤している。

先日、目の前にある女性が吊り革につかまって立った。年齢が微妙で、ウールのコートを着たお腹が微妙にポッチャリした女性で、文庫本を微妙な感じで読んでいるのだ。

もしかして妊婦さん?と一瞬思ったが、マタニティマークはコートにもバッグにも付いていない。間違って席を譲ったら、往復ビンタがくるとも限らない。不機嫌な朝にはなおさらだ。

しばらくすると向い側の席が空き、その女性は座ることができたので事なきを得たが、妊婦かどうかの真相は闇に包まれたままになった。

思えば、ママは妊娠中に「マタニティマーク」をバッグに取り付けていた。続きを読む
posted by papa50 at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

妊娠判明!

red cross.jpg4月GW前の某日。

妊娠検査薬チェックワンLH-2の判定窓に赤いラインが出た。生理予定日から1週間後位の時期に、妊娠していれば尿の中にhCGという妊娠ホルモン成分が分布されるので、判定窓に赤いラインが出てくるらしいのだ。

GW明けの5/7(月)、日赤医療センターに行ってみると、やはり妊娠とのこと。

   やった〜!!!わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


続きを読む
posted by papa50 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。