2011年03月20日

ふしぎの国のアリス

我が子がディズニープリンセスやディズニーのクラシックに引き込まれれていくにつれて、パパもどんどんディズニーの世界に詳しくなっていく。

すでにパパは、作品とプリンセスの名前がごちゃごちゃになってきたが、もあちゃんに聞けば正確な名前だけでなく、登場する王子やキャラクターの名前まで教えてくれる。

今日の時点でもあちゃんが興味を持っているのは、『ふしぎの国のアリス』だ。好奇心いっぱいのアリスが、穴に落ちて不思議な体験をする。不思議な植物や動物などのキャラクターが出てきて、アリスは奇妙な冒険を続ける、でも実はこの体験は…というものだ。見なれたチェシャ猫のキャラクターはこの物語の中だったと気づいた。

ママは、『ディズニースーパーゴールド絵本 ふしぎの国のアリス』を買い、パパは、『Alice in Wonderland ふしぎの国のアリス(DVD)』と手分けして買った。
   Alice-in-Wonderland-book.jpg     Alice in Wonderland DVD.jpg

今日から読み聞かせの絵本となり、しばらくの間よく鑑賞するDVDになりそうだ。

posted by papa50 at 20:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

買いだめ

2日連続でスーパーやコンビニ、家電量販店やドラッグストアなどに行って驚いた。

棚に商品が全く無いのだ。スーパーやコンビニではパンの棚が空、ペットボトルの水や牛乳は売り切れ、ロウソクもない。家電量販店では単一と単二の乾電池や懐中電灯が全くなく、聞くと昼までには売り切れたそうだ。また薬局でもトイレットペーパーが全くない。報道によれば、米、ガソリン、自転車、ヘルメット、ガスコンロなどにも及んでいるという。

首都圏を中心に「買いだめ」が起きている。1973年と1979年のオイルショック以来のことだ。目的とする日用品がないから、開店前から店頭に並び大量買いをして買い占める。次の買い物客は品不足に焦り、さらにエスカレートして買い物をするという悪循環を招く。

本当に焦らなくてはいけないのは、被災地の被災者だ。首都圏で帰宅難民になろうが、計画停電で3時間電気が途絶えようが、住宅や家族を失った被災者からすれば、その不便さや不安は比較にならない。石原都知事の天罰発言はいただけないが、日本人のアイデンティティーは「我欲」ということに関してはその通りだ。

買いだめによって、被災者に行くべき日用品が届かなく可能性がある。自分だけ良ければ…といった「我欲」を捨て普段の生活を改めることで、被災者の支援にもなり、大地震の復興の起点ともなりうる。

熱を出して体調を崩しているもあちゃんママには、昨日は解熱剤とイチゴ、今日は食べやすいカステラと食欲旺盛なもあちゃんにはおにぎりを買い、必要以上のものは買わなかった(買えなかったとも言えるが…)。

posted by papa50 at 17:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

あまがき

島根県の隠岐島、海士(あま)町に住む漁師の友人石井さんに「岩牡蠣」を注文し、今日到着した。

この岩牡蠣の詳細は、2/9の「岩牡蠣」で紹介した。漁師の石井さんが海士町という厳しいが豊かな自然と対話しならが育て収獲した岩牡蠣は、特別に「あまがき」と呼ぶ。2月の初旬に突然送ってくれた「あまがき」にすっかり魅了され、知人へのギフト送付のタイミングに合わせてpapa50宅宛にも送ってもらった。

以下、到着してからの実況中継だ。

ama-oyster-box1.jpg発泡スチロール製の箱で午前11時過ぎ、クール宅急便で届く。ワクワクする瞬間だ。



ama-oyster-box2.jpgふたを開けるとアイスバッグが添えられていた。海士の海水を滅菌して凍らせたむき身を洗うための塩分濃度4%の海水が入っていて、浸透圧の差で旨みが逃げ出さないだけでなく、ぬめりも取れやすくなる。

ama-shell.jpg箱の脇にはカラフルな貝殻。海士町の海岸に落ちているものなのか、漁師仕事の合間に見つけた貝なのかは不明だが、海士町の自然も一緒に送ってくれたようでウレシイ。もあちゃんへの贈り物だったかもしれない。

ama-oyster1.jpg夕方から下準備を開始。平らな蓋を上に向け、軍手をはめ、開け口をキッチンバサミで割り、牡蠣用ナイフを前後させながら平行移動して上蓋の貝柱を切り、同じように下殻の貝柱も切る。あとはアイスバッグの海水で軽く洗って、下殻に戻して大皿に盛っていけば完成だ。

もあちゃんは夕食時にちょうどお昼寝をしたため、夕ご飯はゆっくりといただいた。ママはレモンをたっぷりかけ、パパもレモンとカゴメのチリソースでいただいた。相性の良い飲み物は日本酒はもちろんだと思うが、今日は「アルザス リースリング」というフランスの白ワイン。柑橘系の甘みと酸味が調和した少し辛口・中重口のフルーティな感じが、牡蠣によく合い、ワインもすすんだ。
  ama-oyster2.jpg   ama-oyster-dinner.jpg

今回も「あまがき」にはとことん参った! 外食してもゆっくりできない幼児のいる家庭では、外食したつもりで産直を取り寄せて楽しむことは、かなりリフレッシュになる。幼児がいないギフトを送った知人の家庭でも、「おいし〜い、今までで、いただいた牡蠣の中でいっちばんおいしい。3人でペロッと完食。パパの出張で家族ゆっくり過ごせる最後の晩御飯、超豪華な夕食になりました。」と、相当喜んでもらえたようだ。

posted by papa50 at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

ディズニープリンセス

実は昨日の「新入園児保護者説明会」は、もあちゃんはママと一緒には行かなかった。

保護者向けの説明会ということなので、もあちゃんはJちゃんの家にお世話になり、JちゃんとJちゃんのおばあちゃんと一緒に過ごした。なんとかもあちゃんは、Jちゃん宅で過ごすことができたようだ。

Disney-Princess.jpg実はJちゃん宅には、「ディズニープリンセス コンプリートBOX(期間限定)」があった。これは言わば、ディズニーアニメに出てくる人気の高いお姫様がセットになった6枚組のお得なDVDだ。内容は、『美女と野獣』、『白雪姫』、『眠れる森の美女』、『リトル・マーメイド』、『シンデレラ』、『アラジン』がセットされ、もあちゃん垂涎の6作品で、1本あたり1,646円程度だ。

「どうしてもJちゃんと同じものがほしい!」と愚図るもあちゃん。もあちゃんに甘〜いパパは、アマゾンで昨日の夜注文、今日の午後には届いたらしい。パパが帰ってきたとき、もあちゃんは開口一番「ありがとう!」と言ってくれた。これまでにないハキハキした弾んだお礼の言葉だった。

posted by papa50 at 21:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

ハートのアクセサリー

ママと一緒に下北沢のアクセサリーショップに行ったもあちゃん。

Heart-accessories.jpg買ったものは、ハートのティアラ、ハートのカチューシャ、ハートのヘアゴム、ハートのブレスレット。全てが“ハート”のアクセサリーだった。全てハートを選んだのは、もあちゃんがハート好きだからに違いない。

レインボーカラーに輝くハートのカチューシャを付けてニッコリ。ハートのティアラを付け、黄色いスカートはいて、姿見の前ではんなりと踊ったもあちゃん。
   heart-katyusha.jpg     heart-tiara.JPG

気分はすっかりお姫様。『美女と野獣』のベルかシンデレラになりきっていた。

posted by papa50 at 21:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

JUKIのミシン

入園には何かと手づくりの布物が必要になる。

先日の「園バッグ」は、もあちゃんママが古いミシンを騙し騙し使って作ったが、すでに限界がきていた。そこで、新宿「オカダヤ」のセール期間中に古いミシン2台を下取りに出し、新しいミシンを購入した。それが次のようなミシンだ。

@JUKI Sewing Master PRO HZL-F3000
JUKI- Sewing Master HZL-F3000.jpg古いミシンはジャノメ製だったが今回はJUKI製に。初心者向けのものではなく、家庭用でもワンランク上のミシンだ。手元にはLEDのライトが点いて明るく、作業はしやすい。音は静かでワードテーブルにもなり縫いやすいという。

AJUKI baby lock BL65EXS
JUKI-baby-lock-BL65EXS.jpgこれは裁ち目のかがりやニット地の縫製専用の「ロックミシン」というミシン。前回もJUKI製だったが、今回バージョンアップ。ロックミシンには4本の糸がついているが、「自動糸調子」機能でちょうど良い張り具合にしてくれる。糸通しも「自動エア糸通し」で空気圧で瞬時に糸を通すという。針糸通しも自動というからパパは驚いてしまった。

これらのミシンでママは黄色いチュチュ風のスカートを作った。『美女と野獣』に出てくるベルは黄色いドレスを着て、野獣の王子様と踊る。もあちゃんはこのシーンやエンディングの音楽に合わせて、ときには一人で、時にはママやパパと一緒に踊る。
    yellow-tutu1.jpg     yellow-tutu2.jpg
そして家の中だけでなく、伊勢丹に買い物出かけるときも、バナナ生クリームのクレープを食べるときも、この黄色いチュチュ風スカートをはいていくといってきかない状態が続いている。

『美女と野獣』の中の「ベル」は、3歳になったばかりのもあちゃんにとって、“トイレの神様”であり、“ダンスの師匠”でもあるようだ。

<追伸>
ミシンの購入に際し、ママの実家のジジ・ババから、過分なご支援をいただいた。いくらセールで下取りがあるといっても下取り金額は低く、新品はかなり高額品。ミシンはママにとっても、もあちゃんにとっても、思いがけない入園祝いとなりました。ありがとうございました。

posted by papa50 at 21:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

クイーンズ伊勢丹

最近、伊勢丹グループのスーパー「クイーンズ伊勢丹笹塚店」に行くことが多くなった。

理由は、伊勢丹カードの年間購入額をアップさせ、割引率を引き上げるためだ。年間購入額に応じて、伊勢丹デパートでの買い物(一部ブランド品やセール品など除く)が、5%(基本)、7%(20万〜)、8%(50万〜)、10%(100万〜)引きになる。

もあちゃんにとって「クイーンズ伊勢丹笹塚店」には、2つの楽しみがある。

QI-sasazuka.jpg一つは、定時毎に行われる仕掛け時計。両脇の赤いトマトが踊り、ニワトリのタマゴが割れてひよ子が出てくる。1〜2分程度の短いショーだが、どこからともなく子どもたちが集まり、もあちゃんも階段に腰掛けて喜んで観ている。

Crepe.jpgもう一つは、店を出た右側にあるクレープ店「アンクルファーム」のクレープを食べること。100種類のクレープがあるが、ここでは「バナナ生クリーム(の生クリーム少なめ)」を決まって注文する。『買い物が済んでから、家に持ち帰ってフレブルのプーちゃんと一緒に食べよう』と言っても、『もあちゃん、おなかすいたなぁ…』と元気なさそうに主張し、買い物をする前におねだりして食べている。

そんなもあちゃんだが、今日は風邪気味で鼻が出始めた。元気はあるので大丈夫だ。

posted by papa50 at 22:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ヒメダカ

多摩川で捕った稚魚を知人からもらいメダカと思って飼っていたが、どうやら「モロコ」という品種だということが判明した。

もあちゃんは、これをずっとメダカと信じて毎朝エサをあげていたが、2ヵ月程前の水や敷石の交換の際、突然10匹以上が死んで3匹だけになっていた。

naoi.jpgそこで1週間前、隣駅の豪徳寺にある観賞魚の店「なおい」に行き、「ヒメダカ(緋目高)」を10匹購入した。今日もあちゃんと2人で再来店しさらに追加で10匹を購入、水槽の中が一気に賑やかになった。「なおい」は豪徳寺に商店街を上った外れにあり、なんともレトロな雰囲気が漂うが身近な淡水魚が買える貴重な店だ。

himedaka.jpg少しオレンジ色がかった「ヒメダカ」は10匹で250円。メダカの学校に唄われた「黒メダカ」は10匹で450円。メダカは10匹単位だが、大きな水槽から網ですくうので、1〜2匹は余分に入ってきてちょっと得した気分になる。

たかがメダカ、されどメダカ。飼い始めると飼い方そのものから、オスとメスの見分け方、繁殖など、突っ込み始めると奥が深い。

posted by papa50 at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

補助便座

最近、バンボ(Bumbo)のトイレトレーナーが小さくなってきたせいか、トイレでオシッコをすることを嫌がるようになってきた。

Bumbo バンボ トイレトレーナー はポリウレタン製の補助便座で、柔らく小さなおしりに深めにフィットしたため半年ほど使ったが、今回新しい補助便座をアマゾンで購入してみた。

supporting-toilet-seat.jpgそれが「happiness ふわっと補助便座(ライン柄レッド)」だ。赤いラインの柄が入っていてカワイイ。取付け可能な大人用便座の内寸は、幅20~23cm 奥行23.5~30cmでほとんどの便座に乗せるだけで使える。ウレタン製でふんわりと柔らかく、手入れも簡単そうだ。補助便座自体の内寸は、バンボよりはるかに大きい。

two-step.jpg補助便座のついでに、「ツーステップ レッド」も購入した。イケアで購入したステップは1段で、少し使いづらそうだったからだ。今回は便利な真っ赤なツーステップタイプ。耐荷重は100kgというから、大人が乗っても大丈夫な強度だ。

到着した当日、トイレにセットされた補助便座とツーステップを見てすぐさま便座に座り、用を足した。しかし、その翌日は見向きもしなくなり、バスルームの洗い場の方がしやすいと主張した。あまりにも長時間オシッコを我慢するので、緊急避難的に洗い場でのオシッコを促したことが原因だが、トイレをする場所で膠着状態が続いている。トイレトレーニングは、一歩進んで半歩下がることもあるようだ。

posted by papa50 at 16:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

アニマルトピアリー

ママが、テレビショッピングでうさぎの「アニマルトピアリー」を購入した。

トピアリー (topiary) とは、ラテン語の「topia(刈り込む)」が語源とされ、日本トピアリー協会では「植物を人工的・立体的に形づくる造形物」と定義し、その歴史は古代ローマ時代というから驚く。

要するに、庭木の装飾的な刈り込みや針金などの枠型に合わせて作るオブジェなどを指し、作り方も様々だ。ちなみに日本の菊人形は、フラワートピアリーだ。

animal-topiary.jpg今回のトピアリーは、モス(Moss/コケ)でできた『うさぎトピアリー』だ。班入りのプミラが寄せ植えになっている。これはサンタの帽子を被ったクリスマスバージョンになっているが、来年の干支のうさぎでもあるので、そのまま年越しができるスグレものだ。うさぎというモチーフとアイデアが秀逸で、クリスマスを含めた年末年始のギフト好適品だ。

管理方法は、風通しの良い場所に置き、土の表面が乾いたら観葉植物の根元に水をやれば良い。ただし、トピアリーへの水やりや雨によって中が腐る可能性がある。また、モスは日に当たると退色する。その点から、モストピアリーは室内に飾るのが良さそうだ。

年末年始のしばらくの間、この『うさぎトピアリー』を眺めながら、ハッピーな気分でいられそうだ。

posted by papa50 at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

北欧モダンコレクション

11/10(水)〜11/15(月)、伊勢丹新宿店で開催されている「北欧モダンコレクション」に出かけた。

北欧の自然をモチーフにした雑貨や食器、ファブリックなどが販売されている。ここ数年恒例の催事で、品揃えも予想を超えて豊富、事前のネット販売では品切れが続出した。

今回購入した商品を紹介すると、次の通りだ。

◆Floraフラワーベース 
Flora flower vase.jpgフィンランドArabia(アラビア)社のファミリーブランドと思われるFlora(フローラ)のカップ。Bjorn Wiinblad(ビヨン ウィンブラッド)による絵付け。製造は1960-70年代で値段は3,800円。昨年のセールでも、ほぼ同様の商品があったが、他の商品を見ている間に商品が消えてなくなっていた。今回は、これを目当てに真っ先に探したら一番奥で見つかり、1年ぶりに胸のつかえが取れた。ネットを検索するとフラワーベース(花瓶)となっているが、青い色使いから、静岡茶を飲む湯呑みとして是非使いたい。

◆Moominマグ&ボール
ARABIA Moomin.jpgフィンランドArabia社のムーミンマグ(3,500円)とボール(5,000円)。最近、「ムーミン絵本 それからどうなるの?(DVD)を観はじめたもあちゃんにとって、リトルミーやニョロニョロは注目のキャラクター。もあちゃんたっての希望でニョロニョロのデザインになった。

◆オバケのキーホルダー
ghost.jpg催事場内で売っていたオバケのキャラクター(600円)。実は、ipadのアプリ「Puzzle Book」に出てくるオバケのキャラクターと瓜二つなので、もあちゃんが欲しがってしまった。反射板になっていて、夜間は本当のオバケとして光るスグレものだ。

◆フィッシュ型カッティングボード
cutting-board1.jpgフィッシュ型まな板(2,800円)はバルト3国のエストニア製、材質は樺科のハンノキだ。溝がついているので、フルーツなどをテーブルでカットするのに便利そう。我家では、細長い形を生かしてフランスパンを乗せてみた。北欧の木の優しさが感じられるアイテムで、ママが選んだ。

◆オーバル型チーズボード
cutting-board2.jpgだ円型チーズボード(3,100円)はスウェーデン製。材質はハンノキでカッティングボードと同じ。チーズ用だが、オードブルなどを並べても良さそうだ。葉っぱのようなゆるい形で、これもママが選んだ。

今年は、11/15(月)迄の催事だ。来年の品揃えも楽しみだ。

posted by papa50 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

日本ちず

本屋さんには、子ども向けの本のコーナーがある。

そこには童謡を奏でる本や音の出る絵本、アンパンマンやディズニーなどのキャラクターをふんだんに使った本にも出会える。しばらく音の出るボタンを押したり、絵本を見て過ごしているが、最後には何かを買ってほしいと言うことが多くなった。

Japanese-map-puzzle.jpg今日行った本屋さんでは、木製知育パズル『日本ちず』を購入した。全国47都道府県の形をパズルにしたもので、都道府県の場所や形を覚えるだけでなく、その地方の特産物などが書かれ、遊びながら学べるという。対象年齢は3歳以上となっているが、大人でも結構難しい。

「福井県」はママが生まれたところで越前ガニがオイシイ。
「岐阜県」はKちゃんママがいるところで合掌造りの家がある。
「静岡県」はパパが生まれたところで富士山がある。

posted by papa50 at 21:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

「ジジ」が家にやってきた!

日曜日、「ジジ」が家にやってきた。

Jiji.jpg「ジジ」とは言っても、敦賀のお祖父ちゃんのことではない(スミマセン)。『魔女の宅急便』に登場する13歳のオス猫だ。『魔女の宅急便』のアニメ絵本(徳間書店)によれば、魔女の女の子が生まれると、同じ日に生まれたオスの黒猫を探して一緒に育てる習わしがあり、そうすることで魔女と猫は話ができるようになるとのことだ。

もあちゃんと黒猫の「ジジ」が、うまくお話ができているかどうかわからないが、ハロウィンの仮装イベントでは、もあちゃんはホウキに乗る魔女の「キキ」役を務め、黒猫の「ジジ」を肩に乗せて連れ出す予定だ。


posted by papa50 at 21:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

フルーチェ

ハウスのフルーチェがもあちゃんのブームだ。

fruitye.jpgもあちゃんは、自分でフルーチェ200g(4人分)を牛乳200mlに入れてかき混ぜる。すると、すぐにヨーグルトを少しプルプルにさせたようなデザートができ上がる。これは、フルーチェ中の食物繊維ペクチンと牛乳のカルシウム成分がゲル化反応するためらしい。

でき上がったデザートは、ジャムのようなイチゴの果肉がたっぷりで、冷やすことなくすぐに食べられる。papa50もファンだ。

posted by papa50 at 20:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

ユニクロサンダルVSクロックス

海に出かける準備で、ママもパパもサンダルを買った。

購入場所は、「ユニクロ千歳台店」。ディズニー柄のサンダルを990円で購入。水晶浜海水浴場(福井県三方郡美浜町)や水島海水浴場(敦賀市)で履いた。

uniqlo-sandals.jpgところがご覧の通り、プリントがすぐに剥がれ落ちた。左右均一でないのは、体重の掛け方が違うためだろう。ひと夏履いてプリントが無くなるならまだしも、ほぼ初日からこの有様だった。

甲材は合成ゴム、底材はEVA、「商品の特性上、ご使用中の摩擦によりプリントが剥がれる場合があります。予めご了承ください。」との但し書きはあるものの、あまりに剥がれ過ぎで、泊まった部屋に捨ててきた。これではディズニーキャラクターとタイアップしている意味はないじゃないか…。

とそんなことを思っているうちに、ママがもあちゃんの新しいサンダルを買ってきた。

crocs.jpgクロックス (crocs)のkids bayaのピンクだ。値段は2,980円(税込み)。これに、Pink Round Dot Flower 2pcs (525円)とMinnie Mouse 09(378円)のjibbitz(ジビッツ)をママが取り付け、もあちゃんだけのオリジナルクロックスにした。

もあちゃんには少し大きいけれど、クロックスのサンダルの方がなんだかワクワクするのは、ライフスタイルブランドを標榜するクロックスだからだろう。
[クロックス] crocs kids baya

posted by papa50 at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

とよんちのたまご

下北沢の一番街に、「とよんちのたまご」という卵屋さんがオープンしている。

toyonchinotamago.jpg千葉県の豊和養鶏場が経営する店で、毎日養鶏場から新鮮な卵を取り寄せ、1日に1000個以上は売れているという。商品は、生卵、温泉卵だけでなく、焼き菓子(マドレーヌなど)、卵かけごはん専用しょうゆなどの関連商品まで取り揃えている。

今回は、ママがお試しに生卵とマドレーヌを買ってみた。マドレーヌは、正統派の卵を使っていて美味しい。お隣の奥さんにもおすそ分けしたら、美味しいマドレーヌだと絶賛していた。また、生卵の黄身は黄色を通り越して、濃厚なオレンジ色そのものだ。もあちゃんは、生卵(黄身)かけごはんを、初めて食べた記念日になった。これも濃厚で抜群に美味しかったようだ。

「365日たまごかけごはんの本」や「たまごかけごはん300」といった文庫本が書店店頭を賑わしているが、こうした時流を捉えたものだといえる。それにしても、卵のカテゴリーキラーとは、かなりスルドイ。
365日たまごかけごはんの本
たまごかけごはん300

posted by papa50 at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

アルファベットマグネット

先日La Fuente(ラフェンテ)代官山に行った際、2Fにあるベビー&キッズ雑貨のセレクトショップ『paso a paso(パソアパソ)』で、もあちゃんの名前のアルファベットを購入した。
moalogo.jpg
このアルファベットはnatural life(ナチュラルライフ)というブランド。セラミック製で可愛いデザインロゴになっていて、マグネットで結合できるようになっている。1個525円。もあちゃんはアルファベットで3文字、花の飾りを付けて4文字分となった。

もあちゃんはこのロゴをテーブルの上に置いて、「でんしゃ〜」と言いながら遊んでいる。唯くんママから2歳の誕生日にもらった、MOAのアルファベット乗った「abc train」にちょっと似ているためだ。

もあちゃんは、唯くんが今ごろ何してるか思い出していたりして…。

paso_a_paso 楽天市場店

posted by papa50 at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

うさぎパン

先日、もあちゃんと井の頭線東松原駅近くにある「リトルマーメイド」に行った。「何かほしいものはある?」と尋ねると、可愛い『うさぎパン』を見つけ、「コレ」と指差した。それがコレ。

Rabbit Bakery.jpgこんがりとした表情で、耳はジャムで赤く、口と目はチョコレートで描いている。中味にはマッタリとした不思議なカスタードクリームが入っている。



皮好きのもあちゃんは、ご覧のように、正確にほっぺの皮からかじり始めた。ほっぺが落ちるほどおいしいということか?

どうもこの『うさぎパン』は、店によって表情が違うらしい。職人さんの絵心の違いがあるのだろう。ちっとも可愛らしくないパンや違う表情もあるようだから面白い。

posted by papa50 at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

そら豆

そろそろ、「そら豆」がスーパーの店頭に並ぶ季節になってきた。

週末に恵比寿三越を見ていたら、ココロ引かれる「そら豆」があったので衝動買いしてしまった。実は買った「そら豆」は食べ物ではなく、ガラス工芸なのだ。

Broad beans.jpg長さ70mm×幅45mm×高さ40mm。透過性のある緑色のガラス製。手に持つと少しずっしりと重く、思わず手の中で回転させてしまう。ペーパーウェイトとして作られているが、オブジェとしても面白いと思う。

作者は、「さじみさ」さん。個展を中心に生活の器やオブジェなどを制作している。愛知県瀬戸市の出身だが、大学卒業後陶器ではなくガラス工芸の道に進んだということだ。

工芸品や美術品に限らず、自分のココロと波長が合い共振する瞬間がある。購入に至る行動は、単に「そら豆」が好きだから、という理由だけでは説明がつかないのだ。



posted by papa50 at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

マリメッコ

marimekko.JPG週末、marimekko(マリメッコ)表参道店に行った。もあちゃん用の子ども服でお目当てのものは見つからなかったが、「MINI-UNIKKO KIDS SET」という新着の食器セット(9,450円)を購入した。


カラフルな花柄はフィンランドを代表するブランド「マリメッコ」のUNIKKO(ウニッコ/ケシの花)柄。パターンの大きなのものから順に、UNIKKO(ウニッコ)、PIENI UNIKKO(ピエニ ウニッコ)、MINI-UNIKKO(ミニウニッコ)の3種類。デザインは、テキスタルデザイナーのMAIJA ISOLA(マイヤ イソラ)で、なんと東京オリンピックがあった1964年に誕生したという。

mini-unikko.JPGさて「MINI-UNIKKO KIDS SET」だが、デザインは、マイヤ イソラの娘さんのKRISTINA ISOLA(クリスティーナ イソラ)の名前も併記されていた。セット内容は、磁器製のプレート・マグカップ・ボールの3点。もちゃんは早速、マグカップで水を飲み、プレートにベーグルを入れて楽しそうに食べていた。

明るいビビッドな色からは元気をもらえる。日常の飲み物も食べ物も、いつもの以上に美味しく感じたのだろう。

北欧のデザインやインテリアは奥深いが、これを基礎から知る良いムックを見つけた。北欧スタイル別冊の『はじめての北欧インテリア』(980円)だ。ママが子ども用食器セットを購入した日、papa50はこのムックを偶然にも購入していた。
『はじめての北欧インテリア』


posted by papa50 at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。