2014年06月04日

足のけが

公園のカーブで突然ダッシュしたところ、マンホールのフタに一歩目が乗り両膝を擦りむいた。

Wound-tape.jpg細かい砂がある場所で、片方がややひどく擦りむけた。公園の水道で傷口を洗い、自宅に戻って「バンドエイド キズパワーパッド」を貼った。パパの子どもの時代は、オキシドールと赤チンと相場が決まっていたが、あれから50年、相当技術は進歩している。

バンドエイド キズパワーパッド スポットタイプ 10枚入り」は、貼るだけで自然治癒力を高め、かさぶたの代わりとなって、傷を早くきれいに治すという。しかも完全防水、膝などの動きにフィット、痛みも和らげるというからスゴイ。
オキシドールと赤チンを塗って飛びあがっていた時代は過去のものとなった。

posted by papa50 at 22:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

キッズデザイン賞

『NHKニュースおはよう日本』で「キッズデザイン賞」のニュースがあった。改めて調べてみると、この賞は子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つデザインを表彰するもので、NPO法人キッズデザイン協議会が主催し、今年ですでに6回目の開催となっている。

最優秀賞には、大きくなる子どもの足に対応できる「サイズ調整中敷搭載シューズ」(ムーンスター)や、体重だけで動作する安全な無電自動ドア「ミーモ」(福島エコロジカル)などが入賞した。

その中に、「JQ遊具安全規準」で優秀賞を獲得したジャクエツ環境事業という会社があった。ママの実家のある敦賀市の会社で、ジャクエツという社名は若狭・越前地方を表す「若越」に由来している。公園や幼稚園・保育園の遊具メーカーとして地元でも全国的にも有名のようだ。

今回は、利用者の「ひやりはっと」の声を蓄積・分析し、乳幼児、幼児、児童の年齢別に独自の遊具安全規準を作成して製品開発する取り組みが評価された。実は、ジャクエツグループは第1回のキッズデザイン大賞受賞以来、今回の第6回まで連続受賞しているから、子どもへの安心安全への思いはスゴイ!

公園の遊具に、ジャクエツの製造プレートが貼られているか、確認する価値がありそうだ。

posted by papa50 at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

いたずら防止用コンセントキャップ

先頃、東京都生活文化局が「いたずら防止用コンセントキャップに関する調査」を行った。調査は消費者アンケート調査と、0〜2歳児18人の行動調査で構成され、それぞれの結果の要点は次の通り。

<消費者アンケート>
● 使用経験者の3割以上は、子供がキャップを外した
● キャップを外した子供の半数以上は、生後18ヶ月未満
● キャップを外した子供のうち約4割(1歳半未満は5割超)は誤飲の危険

<行動調査>
● 2歳児はほぼ全てののキャップを外した
● 最小の力で外れるものは全年齢の乳幼児が外した
● シンプルなデザインよりも、キャラクターで目立つものに興味を持って外す傾向
● オレンジ、ピンク、黄緑など明るい色に興味をもつ傾向

したがって、消費者への注意喚起として以下の項目を挙げている。
1.目立つデザイン、明るい色のキャップは、必ずしも安全対策にならない。
2.キャップをつけていても過信は禁物。子供の行動に注意し、誤飲事故を防ぐ。
3.コンセントに興味を持ち始めた子供には、感電の危険性について教える。

幸いにして、我家では透明やコンセントと同化する白いコンセントキャップ、また場所によってはコンセント全体を覆うタイプのものを使用していたため、もあちゃんが取り外したり、誤飲事故を招くような危険はなかった。みなさんのお家ではどうですか?

キャップの材質や形状などを規制する法律も無いというから、メーカー側では少なくとも抜けにくくするようなアイデアでもほしいところだ。

posted by papa50 at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災後の東京

帰宅難民となった11日の金曜日、約12qを革靴で、しかも速足で歩いた影響で両足の前半分が酷い筋肉痛になった。

それでも用事があって、電車に乗り新宿に出掛けた。小田急線は通常通りの運行だが、普段の日曜日より人出は半分以下。偶然イヌ友のラビちゃんママに会ったら、ローソクがどこも売り切れているという話をしていた。地域や時間の詳細は不明だが、明日3/14から輪番停電(計画停電)が始まり、3時間程度の停電がある影響だ。

カメラ量販のビックカメラでは、懐中電灯やヘルメットなどの防災用品に人だかりができ、PCや大型テレビなどの家電の展示に電源を入れないで販売するエコ展示をしていた。デパートでも営業時間を1〜2時間短縮して午後6時前後には閉店、一部の私鉄や地下鉄も間引き運転をしていた。我家でも、余分な電気を切ったり、コンセントを抜く節電を始めた。

もあちゃんママや美容室の知り合いの携帯には、「コスモ石油の工場が爆発したため、有毒ガスを含んだ雨が降る」などのチェーンメールが届いたが、爆発したのはガスでそんなことはあり得ない。通信回線はひっ迫しているので、被災者の救済や安否確認のために余裕を持たせるために、チェーンメールは転送無用だ。

明日から仕事が再開する。大震災による仕事や生活への影響は計り知れないが、気力を再注入して臨みたい。

posted by papa50 at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

東北・太平洋沖地震の日

会社で勤務中の15時前、突然会社のビルが大きく、しかも長く揺れ始めた。静岡生まれのpapa50でもいまだ経験したことのない、大きな地震で揺れている間は生きた心地がしなかった。

Telecomcenter bilding-fire.jpg窓からは黒煙を上げるビルが見え、電話はかからず、携帯メールもやりとりに時間がかかるようになった。首都高は止まり、地下鉄や私鉄、JRは一斉に運休となった。余震が続いたしばらくの間は会社にいたが、17時過ぎに帰宅しても良いことになり、20階近い階段を降りて、ハザードマップを思い描きながら家路についた。経路は、新橋⇒虎ノ門⇒赤坂見附⇒青山⇒表参道⇒代々木公園⇒代々木上原⇒羽根木⇒松原だ。もっと近道の経路があるかもしれないが、首都高が通る六本木通りは阪神・淡路大震災の光景が脳裏をかすめ避けた。

akasama.jpg新橋周辺にはすでに多くの人たちであふれ、道路もひどい渋滞でほとんど動かない状態が続いた。タクシーは実車か回送のみ。唯一都バスが運航していたが、バス停には長蛇の列、車内も満員で乗れるような状態ではない。幹線道路の両脇には、今まで見たことのないたくさんの人波がどこまでも続いていた。携帯電話が通じないので、公衆電話も家族と連絡を取り合うために長蛇の列。吉野家ではヘルメットを被った女子が、牛丼を注文していた。コンビニでは弁当類が品切れ、トイレに並ぶ長蛇の列が目立った。東松原の駅まで来ると、京王井の頭線の各駅電車が、車内の電気を消して駅のホームに停車していた。

新橋から自宅まではやや速足で2時間15分。万歩計によれば、1日だけで約2万歩、うち131分間の約15,000歩はしっかり歩行だった。それでも消費カロリーはたった473kcal(33.4g相当)、歩行距離は約12km。重めのカバンで肩と腰、足の指も痛くなったが、まだ家路の途中の人や、帰れない人達のことを考えると、痛いなどと言っていられない。

もあちゃんとママは、たまたま羽根木公園にママ友達と一緒にいて事なきをえた。家ではフレブルのプーちゃんが留守番中で、帰宅したら震えていて、しばらくリビングに上がって来なかったようだ。棚から写真立てや一部の本などがごく一部落ちた程度だったが、寝室の扉が開いていたそうで、揺れの激しさを物語っている。余震はまだ続いている。

過去経験したことのないスゴイ地震。今回の地震によって、岩手県から茨城県に至る南北400キロ、東西200キロの断層帯が破壊された可能性が高いそうだ。だとすれば、日本海溝のほぼ全域が同時に壊れたことになり、天変地異の恐ろしさを感じる。各地の被害が小さいことを祈りたい。



posted by papa50 at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

安全対策の功罪

もあちゃんが立って歩き始めた1歳前後を目途に、2階からの転落の防止のためのガードや壁のコーナークッション、コンセントカバーなどを設置し、できる限りの安全対策を行った。

2歳を過ぎた頃から、床のコルクマットや一部のガードを段階的に取り外してきたが、ちょうど2歳半になる今日、安全対策の必要性はないと判断し、ほとんどのガードを撤去した。

 safe-fence1.jpg   no-safe-fence.jpg
その結果、2階に上がった階段の上部がスッキリと広くなった。もあちゃんが足を踏み外さないか心配もしたが、その心配はなかった。プーちゃんもガードの扉が閉まっているときには、ジャンプして脇道を通っていたので、ガードがない今は足腰への負担は軽くなり、のんびりとくつろいでいた。

こうした安全対策は、もあちゃんをいろいろな事故から守ったが、その一方で家の内装への負担が少なからずあった。両面テープで直接壁に取り付けるため、壁のペンキや木の造作が剥がれたり、黄ばんだりした。あまりにも剥がれ方が激しく、コーナークッションをそのままにした所もあったくらいだ。
    corner-cushion.jpg    no-corner-cushion.jpg

壁の手垢やモノを運んだ際の傷も目につくようになったので、今後、補修材料を買って日曜大工で修理するか、一定の期間が過ぎたらリフォームで一気に解決することになるだろう。

何はともあれ、安全にここまでこれたことを喜びたい。

posted by papa50 at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

特別なハサミ

ハサミなどの危ないものは、これまでできるだけ子どもの手の届かない場所にしまってきた。

ところが、徐々にいろいろな所に手が届き始め、机や棚の引き出しを開け、何食わぬ顔で遊んでいるからこちらがびっくりすることもある。

その典型が「ハサミ」だ。この手のものは、むりやり取り上げて使用を禁止するよりは、ママやパパと一緒に注意して使うというのが良いらしい。
 
Scissors.jpgもあちゃんはパパが監視する中で、要らない紙をハサミを器用に使って切っている。嬉しそうに周りを切り刻んでいる。紙がヒラヒラとするのが楽しいようだ。



こうして、ケガもせず無事ハサミ遊びができた。ただ唯一、そのハサミが「鼻毛バサミ」だったことを除き…。

posted by papa50 at 06:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

脚付きベッド

ベッドに「脚付き」は“当たり前田のクラッカー”(ふ、ふるい!)だが、実は約1年半、脚を外したダブルベッドとシングルベッドをくっつけたベッドの上に寝ていた。

赤ちゃんは寝るのが仕事、幼児になると寝ながら大胆に所狭しと転がるのが仕事。ベビーベッドを卒業し、親子3人と一匹で寝るようになってから落下事故防止のために低くしたのだ。

bed.jpg久しぶりの脚付きベッドは、一言「高い!」。寝ながら照明の明るさの調整も容易になったし、天井も間近になった。

ただ一つだけ難点があるとすれば、プーちゃんがジャンプして上るのに少し大変になったことだ。

posted by papa50 at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

セブンチェア

セブンチェアといえば、デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンの代表作だが、もあちゃんは1週間ほど前からこの椅子によじ登るようになった。

   sevenchair1.jpg      sevenchair2.jpg

そのやり方は、まず両腕で自分の身体を少し浮かせ、そのまま前かがみになって、スカイダイビングする格好で横たわり、背板に手をかけよじ登るというものだ。その後、座ってテーブルの上にあるものを掴んだり、そのまま踊ったり、観葉植物を揺らしたりしている。

tesuri.jpg手すりのいちばん下の段にも足を掛け始め、ハイハイ期からネットやペットガードで行ってきた安全対策もそろそろ転換期を迎えている。次なる対策や注意が必要だ。


posted by papa50 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

「幼児安全法」講習会

ooharakitamachi.JPGレインボーキッズのメンバーが主催する「幼児安全法」講習会に参加した。世田谷区にある大原北町会会館に、レインボーキッズのメンバーを中心に14組40名が一堂に会し、日本赤十字社の講師2名を招いて行われた。

テキストは、「こどもの看病・手当のしかた」(日本赤十字社発行/無料)と「幼児安全法講習読本」(日赤サービス発行/500円)を使用し、実技を含めて約2時間の講習となった。

どの家族も子どもを交代であやしながらの講習を受けたので、すべてを吸収できた訳ではないが、おおよそのポイントは次の通りだ。
続きを読む
posted by papa50 at 23:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

角は丸く

有楽町西武や無印良品有楽町店に買い物に出かけた。

その帰りの地下鉄でたまたまおばあちゃんの隣に座った。もあちゃんは機嫌が良く、そのおばあちゃんに向かってベビーカーから微笑みかけた。

おばあちゃんはカナダ大使館近くの青山に住む82歳。とてもその年齢には見えない元気な方で、小さなお孫さんもいるという。

kadomaru.jpgそのおばあちゃんがもあちゃんが持っているプリント写真を見て、「写真の角は丸くした方がいいわよ。目に当ることもあるから。」と助言してくれた。もあちゃんがお出掛けで持っている写真は、大好きなフレブルのプーちゃんの顔写真だ。

家に戻り、早速写真の四隅を丸く切り落とした。写真は「角丸」が安全。papa50も今年はできるだけ角を立てず、「角丸」に過ごそうと思う。

posted by papa50 at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

口から血が!3

赤ちゃんは、自分の回りにあるものは何でも触る、叩く、噛む、口にする。飲んだ後の哺乳びんも例外ではない。哺乳びんには乳首をカバーするキャップが付いているが、これを噛んで遊んでいた時のことだ。

口から血が…。(3回目)
続きを読む
posted by papa50 at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

口から血が!2

絵本を置いてある本棚につかまり立ちをして、ふとした瞬間に棚に口をぶつけた。口から血が…。(2回目)

<対策>
クッション材の取り付け。
posted by papa50 at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

ベッドのマットから落ちる

2bed080828.jpg親子が川の字(正確にはフレンチブルドッグも一緒なので川に漂流物がある感じ)になって寝ているベッドは、数年前、大塚家具で購入したセミダブルベッドと無印良品の脚付マットレス(スモール)の脚を外してくっ付け、カトージ(KATOJI)のベッドガードを床との間に挟み込んだものだ。

実は、このベッドガードを赤ちゃんは乗り越えて、薄手のカーペットを敷いたフローリングの床に顔から転落してしまった!
続きを読む
posted by papa50 at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

口から血が!

ママが、区の保健センターに離乳食教室に参加した。

ママの方に向かってタテ抱っこをし、話を聞いていた時、突然大声で泣き出した。大きな口を開けて泣いたちょうどその時、口の中が流血していることを発見した!
続きを読む
posted by papa50 at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

紙を食べる

 またまた事件だ! 薬局チェーンくすりのセイジョーに45歳からの歯周病予防液体ハミガキ「GUMデンタルコンディショナー」を買いに行って、自宅に戻った時の出来事だった。
 レシートを赤ちゃんの近くに置きちょっと目を離したスキに、レシートに足早(現実にはひざ早だが・・・)に近づき、口の中に入れてモグモグしているではないか!
続きを読む
posted by papa50 at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

ローベッドから墜落

足を取ったMUJIのローベッドがあるが、そこから転落した。高さは30cm弱とたいしたことはないが、床がタイルなので頭を「ゴーーン」と打ち、「びゃ〜ん」と泣き出した。

ママは直ぐにおっぱいマッサージの先生に電話で連絡を取り、ぐったりしていなければ大丈夫とのアドバイスを聞いて、ひとまず安心。

<対策>
すでに寝返りできるので、ローベッドにように段差のあるところに放置するのは危険。床にクッション、厚手のじゅうたん、コルクマットなどを置いて、安全対策をしたほうが良い。

posted by papa50 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

ベビーカー転倒

近くの商店街のベビーショップに買い物に行った時のこと。ママはフレンチブルのプーちゃんとベビーカーで先に出掛け、用事を済ませたパパが後からその店で合流した。

パパが店に入った瞬間、突然ベビーカーが転倒した。
続きを読む
posted by papa50 at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。