2015年04月03日

疾走自転車

課題となっていた子供用自転車が到着した。商品名は「ハードキャンディージュエリー ブラック」。玉越工業が製造しているものでトイザらス府中店で購入した。

全体はジュエリーをイメージしたガールズキッズバイクだ。リムがカラフルでスポークのビーズがガールズっぽさを際立てている。ライト、バスケット付き。

サイズは20インチで適正身長110cmからだが、重量が14kgあり、子どもには少し重い。以前の幼児用自転車とはだいぶ勝手が違うため、まずは鍵の外し方と掛け方、スタンドの使い方を練習。その後、改めて公園で自転車に乗って慣れてみた。

Bicycle-scamper.jpg

サドルを一番低くしても足がようやく届くような状態、ブレーキレバーに指先を掛けると手が小さいのでバランスを崩しやすいなど、まだ路上で乗るには少し早そうだ。

(※購入に際し約1年前におじいちゃん・おばあちゃんよりお小遣いをいただいておりました。改めましてありがとうございました。)

posted by papa50 at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

YAMAHA PAS Babby

ななママさんの自転車は、ヤマハ発動機(YAMAHA)の電動アシスト自転車「PAS Babby(パス バビー)」に決まったようだ。ちょっと調べた見たら、この電動自転車はこの点がスゴイ。

・20型の小径モデルで、力のないママでも乗り回しが楽々!
・フレームが低床設計・低重心で安定している
・さらに幅広の太いタイヤで安心
・20型モデルでも子供乗せの取付ができる(しかも前後に)
・「テモトデロック」は乗せ降ろしが便利そう
・カラーバリエーションが6色とは!
・子どもの成長後はスタイリッシュな電動自転車になる(かも)
・親子安心傷害保険が無料で付いてくる
・大型バスケットを装備して荷物も入る
・8.7Ahのリチウム電池はパワフル
など。

いまは楽天のようなネット販売でもチャイルドシートを取り付けて発送してくれるから便利。もちろん取付費や送料は無料だ。

重心が高いと子どもを乗せた時にふらついて転倒することがある。タイヤが細いと擦り切れて今となってはよくパンクする。バスケットが小さいと子ども用の荷物が入らない。充電池がパワフルじゃないと充電を頻繁にしなくちゃいけない…。

これが今もあちゃんが乗っている自転車の現状に近い。時間が経ったから仕方ない。今度はもあちゃん専用22インチ自転車になる。

posted by papa50 at 21:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

子ども乗せ自転車HYDEE.B

本ブログでは「ママチャリ&幼児用自転車」というカテゴリー設けている。しかし約5年前の情報と現在の情報は相当の格差がある。

2009年11月、もあちゃん用に買ったママチャリは、ブリヂストンMARiPOSA E.A. mini(マリポーサE.A.ミニ)。20インチ、リチウムイオンバッテリーは4.0Ah、3段ギヤで、チャイルドシートはOGK RBC-007DXS(ヘッドレスト付デラックス、ブラック)というものだった。

現在、よくコメントをいただく「ななママ」さんが子ども乗せ自転車を検討中だという。もあちゃんママによれば、2009年当時は発売していなかったが、現在ママ友の間で人気があり、2台目としても選ぶ人が多い自転車があるという。それがブリヂストンHYDEE.B(ハイディビー)らしい。HYDEE.Bは子どもをリアシートに1人だけ、HYDEE.Uはさらに前にシートを付けて子ども2人まで乗れるタイプだ。

女性誌「VERY」とのコラボで誕生し、スポーティな外観で高感度なママたちにも満足感が高い。色もクロツヤケシ、ホワイト、ネイビー、モダンブルー、アクティブレッド、ライトグレー、ブルーグレーの7色ある。ギヤ段数は前1段×後3段、リチウムイオン式8.7Ahと進化。専用チャイルドシートを装備する。



26インチで太めのタイヤもしっかりしていて、安心感・安定感がある。値段は1万円位高めだが、長く使えそうだ。ななママさん、街中の自転車屋さんやネットショップなど、いろいろ見て検討してください。実際に乗ってみることも必要です。(※写真はAmazonにリンク、ただしモデルは子ども2人まで対応するHYDEE.U)

posted by papa50 at 22:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

20インチ自転車

以前、トイザらスで買った幼児用自転車がとっくに小さくなった。

近所にあちこち出掛けるのにママチャリに便乗しているが、もあちゃんの体重が20kgとなり2回ほどパンクした。すでにもあちゃんは、ママの自転車の後ろに乗るような年齢ではなくなっているということだ。

20-inches-of-bicycles.jpgそこで、もあちゃん用の20インチの自転車を街中の自転車屋や家電量販で探し始めた。20インチはメーカーにもよるが身長110cm(または115p)からが適正身長となっている。ところが、20〜22インチはハローキティやディズニーなどのキャラクター物が幅をきかし、ラブリーな感じがいまいちだ。男の子用のバイクタイプならラブリーではないが、女の子は少し前傾姿勢ぎみになるので危険が伴う。

ネットで探すとデザイン性の高い自転車が出てきた。落とし所はこの辺りか…と検討している。

posted by papa50 at 21:09| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

後部チャイルドシート

子ども乗せ自転車はブリジストン製で、特徴的なのは後部チャイルドシートは簡易バスケットとしても使えるよう、荷物ガードが付いていることだ。

多くの場合、買い物の荷物を置くが、フレブルのプーちゃんもキャリーバッグに入れて乗せることができてすこぶる便利だ。一駅先の動物病院に行く、一緒にパン屋に出かけて気分転換をするなど、徐々に活用場面が広がっている。

Bicycle-rear-seat.jpgただし、プーちゃんがガックシきているその一点を除き…。






posted by papa50 at 21:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

公道疾走

公園での自転車に飽き足らず、いよいよ公道で乗るようになってきた。

まずは家の前の道路。庭のない我家では庭代わりに使っている道路だが、これはなんとか許せる。公園側からの坂道では急な下り坂で、ブレーキをしっかりとかけないと駐車している車に激突することになる。

Public-road-scamper.jpgこの週末は、駅前商店街まで自転車で出かけたいと言い放った。見よ、この公道疾走! 家の前の道路とはかなり勝手が違うので、親としてはヒヤヒヤしてしまう。「ふらつかないで!」とか「ブレーキ、ブレーキ!」などと言い続けると、もあちゃんは自転車の乗り方をけなされていると思い、だんだん不機嫌になっていく。

ここは言いすぎないよう、パパの発言にもブレーキが必要だ。

posted by papa50 at 22:52| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

自転車スタンド

自転車の初乗り記念日4月29日から2週間弱。

bicycle-stands.jpg補助輪を外したままになっていた自転車に、近くの自転車屋に連れて行き、「自転車スタンド」を取り付けた。それがこのスタンドで、立てかけておくのに便利になった。



自転車乗りは単純に乗れるというレベルから、前から人やペットがきたときには、ストライダー乗りに変えたりブレーキをかける、また、公園からのゆるやかな下り坂の道路では、ブレーキをかけながら下るといったレベルになってきている。

毎日少しずつ練習すること、継続は力なりとは、まさにこのことだ。

posted by papa50 at 16:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

自転車乗り記念日

このところ、かいちゅうくんから貸してもらっているストライダーに乗っている。家の前のゆるやかな坂道を足のブレーキを使いながら、かなりのスピードで乗りこなせるようになった。

このGW始めの週末、自転車乗りに挑戦した。朝のうちに補助輪を外し、午前中にヘルメットを被って羽根木公園に出掛けた。まずは倒れないようにハンドルの一部を持ちながら、ペダルをちゃんと踏み込むことを教えた。そして少しの瞬間だけ手を離し、自分で乗れたことに自信を持たせた。

The-first-cyclist.jpg羽根木公園を1周した頃、サドルの後ろだけ軽く支えペダルを踏んでもらった。2メートル自分で進んだ。ある程度の速さを出すことを教えると、その数分後には数十メートル、最終的には野球場のあるホームベースから公園入口までの約200メートルをあっさり走破した。すぐに乗れたのは、ストライダーでバランス感覚が身についていたからに違いない。

こうして4月29日は「自転車乗り記念日」となった。練習すればできるという大きな自信ももったと思う。「自転車を教えるのはパパ!」とママに言われ続けたが、これもなんとか面目が立った。

posted by papa50 at 21:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

補助輪

土曜日の夕方、お隣の5才のゆいちゃんが、補助輪なしで自転車乗りの練習をしていた。ゆいちゃんママによれば、同じ年のお友だちにはすでに補助輪なしで乗れる子もいるという。そしてゆいちゃんは、2日目の今日には早くも乗れるようになっていた。

この話を聞いたもあちゃん。このところ駐車場でホコリを被っていた自転車に乗りたいと言い出し、フレブルのプーちゃんを含む家族全員でランチがてら羽根木公園に出かけた。天気も良く日なたでは少し汗ばんだが、ドングリ拾いもできてすっかり秋めいてきた。

Training-wheel.jpgもあちゃんはといえば、体調は万全ではないが、補助輪付きの自転車で気持ち良さそうに疾走した。途中で“立ちこぎ”も披露した。補助輪のある、なしは、もあちゃんにとってはさほど問題ではなく、単に自転車乗りをしたかっただけのようだ。しかし「ほじょりんなしでのりたい!」と希望し、練習する日はそう遠くはなさそうだ。

posted by papa50 at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

16インチ AVIGO

週末にトイザらス府中駅前店で購入し、今日送られてきた商品は、幼児用自転車「16インチ AVIGO スターレット」だ。

店員の説明によれば、これはトイザらスのオリジナル商品で、値段は1万円を切る最安の9,999円。類似のキャラクター付きの自転車では、14,999円や19,999円の値段で売っている。

実はこれより小さな12インチの自転車「CORVETTE 12」を敦賀のおじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらっていたが、すでにペダルをこげないほど小さくなってしまった。そこで、かねてから16インチサイズの自転車の購入の検討をもあちゃんに依頼されていた。たまたまトイザらスで見つけた「16インチ AVIGO スターレット」が、価格的にもデザイン的にそこそこ気に入って購入に至ったものだ。

Avigo-starlet.jpgもあちゃんが幼稚園から帰って、早速家の前の道路で自転車に乗る姿をママが撮影した。表情からは本当に楽しそうな感じがうかがえる。明日もプーちゃんが散歩する早朝に自転車に乗りたいと言って就寝したらしいが、朝はゆっくりと時間が取れない。「どうしたものか…」と遅い夕ご飯を食べながら少し困惑した。

posted by papa50 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

チャイルドシールドカバー

今年の冬は寒い。今日も深夜0時過ぎから雪になり、都心でも1〜3cmの積雪があるという。

雪や雨の日に登園に困るのは、自転車の後部座席のチャイルドシートに乗っていく子どもたちだ。風邪をひきやすい子どもたちを雪や雨、そして寒さから守るには「チャイルドシールドカバー」が必要になる。

Child shielding cover.jpgそこで、チャイルドシートと子どもの足元までをスッポリかぶせる「チャイルドシールドカバー」を注文した。ファスナー付で乗り降りがしやすく、マジックテープで固定もできる人気商品のようだ。


posted by papa50 at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

CORVETTE 12

先日、12インチ 幼児・子供用自転車を探し始め、予定通りCORVETTE(コルベット)の幼児用自転車「CHIBI CORVETTE 12 イエロー」をネットで注文し、届いた。

仕様は次の通りだ。
 <商品名> コルベット CHIBI CORVETTE 12
 <製造元> General Motors(Made in China)
 <サイズ> 12インチ
 <カラー> イエロー(ピンクとレッドもあり)
 <重 量> 9.6kgと重量感があり安定している
 <装 備> 前かご・補助輪付き
 <身 長> 70cm〜(2歳半〜3歳半が目安)
 <特 徴> アシストバー付き(取り外し可能)
         ノーパンクタイヤ採用
CORVETTE 12インチ CHIBI CORVETTE 12 イエロー

GMの「コルベット」といえばアメ車の代名詞のようなもの。それが、子供用自転車のブランドになっているのには驚く。あの流線型のデザインを思わせるカッコイイデザインだ。今回はもあちゃんに甘〜いパパがプレゼントしたが、ジジやババにおねだりして買ってもらう初めての自転車には良さそうだ。

もあちゃんは到着した日から家の中で自転車に乗り、うれしさをこらえきれない様子。“いても立ってもいられない”この気持ち、よくわかる。

corvette chib.JPG翌日、パパはコルベットに乗ったもあちゃんを押し、隣の駅や公園まで行った。アシストバーが付いているとは言え、“中腰”の体制となりpapa50の腰にはかなり負担がかかった。

もあちゃんは、ペダルを逆回しこそするが、まだ前に踏み出すことができない。ペダルを踏んで自分を動かせるだけの力と足の長さが足らないのだろう。
  corvette chibi1.JPG   corvette chib2.JPG
何事も新しいことに踏み出すには、それなりのコツと力が要る点は同じだ。しかし、もあちゃんがペダルを踏めるのはきっとあっという間だろう。そこが年齢差50歳の羨ましいところだ。

posted by papa50 at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

幼児用自転車

最近、自転車に強い興味を持ち出した。

blue bicycle.jpg羽根木プレーパークに置いてあった青い自転車に試乗する。そこに置いてあったものか、同じ年齢の男の子のものか不明だが、“試乗は至上”の喜びのようだ、なんちゃって。

bicycle.jpgまた、電動アシスト付き子ども乗せ自転車(ブリヂストン MARiPOSA E.A. mini)の鍵を、ママの自転車(MUJI)に差して遊ぶ。この鍵は不思議とはまってしまう。さらに、パパの古い自転車(ノーブランド)のペダルを延々と回す。そんなことをずっと駐車場で繰り返し、なかなか家に入ろうとしない。

もあちゃんは、明らかに自転車を欲しがっているようだ。そこで、12インチ 幼児・子供用自転車を探しはじめた。今のところ、CORVETTE(コルベット)の幼児用自転車「CHIBI CORVETTE 12 イエロー」が有力候補となっている。

なんとも、甘〜いpapa50になっている。

posted by papa50 at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

自転車デビュー

オシャレな電動アシスト機能付き子ども乗せ自転車(ブリヂストン MARiPOSA E.A. mini)を買った。

そして楽天で、オシャレな子ども用ヘルメット(ABUS CHILLY BASIC)も揃えた。

あとは、デビューを待つばかりだったが、土曜日の午前中に下北沢のMusic togetherで振り替えクラスがあり、デビューのチャンスは突然現れた。

bicycledebut.jpg最大の課題は、もあちゃんがヘルメットを被ってくれるかどうか…。出掛ける準備をして被せたところ、その心配は吹き飛んだ。ヘルメットを「ぼうし」と呼んで、嬉しそうに被ってくれたからだ。そして、走り出したらさらに満面の笑み。“風を切る”感覚が楽しそうだった。

パパは、下北沢までもあちゃんの乗る自転車の前後からパパチャリで誘導し、最初のツーリングを見守った。電動アシストVSノーアシストで息が切れた。

posted by papa50 at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

オシャレなヘルメット

「子ども乗せ自転車」に乗る子どもにヘルメットを被せるのは、自転車の通行等のルールで昨年から義務なった。

「ヘルメット」といえば、電力会社勤務時代に被った伝統的なヘルメットが脳裏をかすめるが、今のヘルメットはまったく別物でその進化は著しい。

もあちゃんの自転車用に購入した子ども用ヘルメットは、次の通り。
 商品名:ABUS CHILLY BASIC
 サイズ:S 46-52cm(※もあちゃんの頭囲は45cm)
 重 さ:210g
 備 考:ヨーロッパ標準仕様
 値 段:5,800円
 購入先:楽天(ANSHIN屋@斉工舎)

 ABUS1.JPG   ABUS2.JPG
ABUS(アブス)はドイツの鍵メーカーで、セキュリティに関して世界的に信頼の高い会社だという。

後頭部にはサイズ調整機能が付いていて、ダイヤルを回して簡単にサイズの調整ができる。あご止めは、赤いボタンを押しながらベルトを差し込むだけだ。そして、値段はちょっと重いがとにかく軽い!

高機能なヘルメットだが、ひとつだけ落とし穴がある。ABUSは欧米人の頭の形に合わせた商品なので少し幅が狭めらしい。日本的な頭の形をしたもあちゃんの場合には、今はSサイズより小さいからセーフだが、サイズに迷った場合はワンサイズ上が良いということになる。

さらに落とし穴があるとすれば、このせっかく買ったヘルメットを被ってくれないことか? ハロウィンの仮装衣装に様に…。

posted by papa50 at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

オシャレな子ども乗せ自転車

夏から検討を続けてきた「電動アシスト機能付き子ども乗せ自転車」をやっと購入した。

いろいろ検討した結果、100%満足する機種ではないが、なんとか合格点に達した。自転車にまつわる話題は今後順次紹介するとして、ここでは購入機種の概要のみ記録する。

<自転車本体>
ブリヂストン MARiPOSA E.A. mini(マリポーサE.A.ミニ)
 ・20インチで色はグラスグリーン
 ・リチウムイオンバッテリー4.0Ah
 ・3段ギヤと強、標準、オートエコモードでのアシスト
 ・3年間盗難補償付き

<本体オプション>
 ・リヤキャリヤ
 ・バスケット
 ・両足スタンド

<子ども乗せ>
 OGK RBC-007DXS(ヘッドレスト付デラックス、ブラック)
MARiPOSA.JPG

自転車本体では、「VEGAS E.A.」というお散歩的な機種のどちらかにするかで悩んだ。色はベージュ、タイヤもマウンテンバイクと同じ太めで気に入ったが、バッテリーの出力が乏しいことが最大のネックになった。

また、子ども乗せでは当初ノルウェーの「ハマックスキス(Hamax kiss)」を気に入っていたが、日本のOGKは安全性が高く、この点を重視した。

posted by papa50 at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

ASSIST

assist.JPG目黒区柿の木坂陸橋交差点に電動自転車専門店の「ASSIST(アシスト)」がある。電動アシスト自転車の専門店はここにしかない。

オサレな電動ママチャリがほしいママは、ここに情報を聞きに行き試乗もさせてもらった。そこで得られた情報は次の通りだ。

・自転車メーカーではブリジストンとヤマハは商品や部品が類似、これに家電系パナソニックやエアロシリーズの東部などがある。
・チャイルドシートを取り付ける自転車のサイズは20か26インチ。
・チャイルドシートには、子どもの全身を包み込む形でセーフティバーが付いたトピーク(TOPEAK)社のもの、振動を吸収するステーで支えるハマックス(Hamax)社のもの、その他足を両サイドに開くタイプの日本製がある。
sugaerdrop.JPG・パナソニックのSugerDropは20インチで小回りがきく。ピンク、水色、白、黒の4色展開。Hamaxのシートを選ぶならこのタイプ。
・同パナソニックのA.Girl'sは、宝島社「InRed」とコラボした自転車。TOPEAKを付けるなら26インチタイプ。
・ブリジストンAngelinoシリーズは22/26インチ。前のシートに乗せるタイプで安心度は高いが、全長が長め。
・東部のエアロアシスタントangeeは、2008年のグッドデザイン賞受賞の20インチ商品。ただし、重心が後ろにあり、Hamaxを取り付けると後輪がパンクする可能性があり、頻繁な定期点検が必要。

いろいろと情報を入手したが、チャイルドシートを前にするか後ろにするか、20インチか26インチのどちらにするか(シートメーカーの選択にも左右)、どんな使い方をするか、にかかっている。

elmo.JPGなおもあちゃんは、ママが情報収集する間、ELMOの四輪車に乗って得意げだった。もちろん、ママの試乗のお手伝いもしたよ!

posted by papa50 at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ママチャリ

ママチャリの試乗ができるということで、ダイエー碑文谷店に出かけた。

ママチャリとはいっても、電動ハイブリッド自転車(いわゆる電動アシスト自転車)で、値段も新型モデルなら市価で12万円前後する高価なものだ。メーカーはヤマハとブリヂストンが主流。今回はヤマハの「PASリトルモア リチウム」に試乗した。

mamachari.jpgもあちゃんは、前のシートに乗って風を切るスピードに大喜び。ママもパパも初めてのハイブリッド感覚に少しオッカナビックリ!特に、こぎ始めの“ぐぃ〜ん”という感じはアシスト感がたっぷりで、この自転車なら起伏のある遠出もさほど億劫ではないだろう。

チャイルドシートは前に最初から付いているものを選ぶか、オプションで前後に取り付けるかの検討は始まったばかり。購入時期も2歳まで待って、リアシートにしてデザイン性の高いモデルにするかも思案中だ。

posted by papa50 at 03:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ママチャリ&幼児用自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。